2013年8月 9日 (金)

寝台列車

本日、道南地方の大雨の影響で札幌⇔函館間運休。

乗車予定の寝台が運休に。
なんとか、明日の電車に変更できたが、明日はどうなることやら心配。

2009年1月 5日 (月)

電車でぐるり東海・山陰・山陽の旅 倉敷・そして帰路⑱

2008_076_417時くらいの電車へ乗車し倉敷へ。
本日のお宿はドーミイン倉敷。
JR倉敷駅からは少し歩きます。
ちょど美観地区の入口あたり。もうへとへとです。

本日はシングルを予約したのですが、むこうの手違いで少し良い部屋を用意されてました。
ダブル?なのかしら。
それほどベットは広くなかった気がしますが、部屋は広かったです。
ラッキー♪
写真のとおり、おしゃれ。
ここは最近できたばかりなので、やはりこんな感じが今はやりなのかもしれません。
本日は近くのお店で食事をとり、ホテルでゆっくりくつろいでおしまいです。
ドーミインは大浴場があるのがありがたい。
浴場内のシャンプーもいいかんじで、自分が持ってきたものを使わずに済みました。

翌日、美観地区を少し散策。2008_009_5
今日は夕方の飛行機で搭乗予定。
そんなにのんびりもしていられません。
チェックアウト後、10時くらい。
ちょどお店が開いてきたところです。
本日も平日、観光客はそれなりにいましたがそれほど多くはありませんでした。

街の中には☟のような張り紙が。
旅には危険がいっぱいです。
それにしても、手口が海外旅行とかで聞くようなやつだなあ。
2008_005_5
本日も青春18切符で本日の搭乗予定である神戸空港へ向かいます。
暑さが厳しく、もう観光するのも厳しくなったので、電車内でゆっくり景色をみながら先へ進みます。
倉敷から岡山で乗り換え赤穂線を進みます。
かなりのどかな風景が続いています。2008_014_5

終点長船駅へ到着して気付いた。
山陽本線相生へ接続する次の電車が1時間以上来ないことに気づき、結局岡山駅へ逆戻り。
岡山から山陽本線で三ノ宮へ。

神戸18:20発 新千歳20:15

新千歳からはJRで自宅へ。
青春18切符は最後まで大活躍です。

21:20頃白石駅到着。
今回の電車の旅は無事終了した。

おわり

2008年11月30日 (日)

電車でぐるり東海・山陰・山陽の旅 備中松山城⑰

2008_066_4_2城の全景はまだみえないが、立派な石垣が
目の前に見えてきます。

左写真。大手門跡でございます。

これはかなりの迫力。
あっぱれです。
綺麗に積まれた石垣ですが、やはりところどころ崩れかけている場所があります。

2008_069_4_2がーい階段を登りきるとようやく城へ来た感じになります。
ようやく松山城が見えてきました!
日本に12しかない現存天守のひとつです。

写真右は二の丸櫓門跡から見た松山城。
お城についての説明書きなんかがありました、
さて、城内へ入場です。
写真右の受付で入城料300円を支払います。

受付で行きに乗れなかった乗り合いタクシーについて聞いてみると、
行きに乗車しないとだめとのことです。
お金も勿体ないし、タクシーを利用するか迷っていると、仕事終わりでよければ車に乗せてくれるということ時間はたっぷりあるが、ありがたくお願いすることにした。
入るとすぐ左に無料のつめたいお茶がありました。
暑くて汗をたくさんかいたのでありがたいです。
松山城の歴史についてのビデオが上映されています。
2008_012_4さて、天守へはいります。
靴を脱ぎ、急な階段を登ります。
やはり木造なのでちゃんと消火器が備付られてます。
天守1階には松山城の歴史や平成の大復興についての資料が展示されてます。
ある程度見学したところで、天守2階で休憩することにします。
汗でべちゃべちゃになった肌着を少しの間乾かします。
そしてだらだら、昼寝を、、、。
連休明けの平日だったのでほとんどお客さんはいなかったし。

そんなこんなで時間が過ぎ、受付のおじさんに送ってもらい無事駅へ戻ることができた。

その18へつづく

2008年11月29日 (土)

電車でぐるり東海・山陰・山陽の旅 備中高梁⑯

さて、なんとか備中高梁到着です。
腹ぺこです。
まずは、備中松山城へ向かうために乗り合いタクシーを探します。
すぐ近くにバスターミナルがあったのであたりをうろうろしたのですが、結局見つからず時間が過ぎていきます。
結局、隣の観光案内所へ行き教えてもらったのですが、時すでに遅し。2008_041_4
自分の行動力のなさにがっかりです。
今日は平日。あたりを見ても観光客らしき人の姿はなし。
きっともって乗客がいなかったので運行しなかったのでしょう。
ということで、食事をとることにします。

オムライスでーす。

やはり食事をとっているのは地元の人たちばかり。
作業着のおじさまや、OLさんたちのランチタイムです。

2008_045_4_2さて、食事も済ませたところであたりを散策します。
武家屋敷資料館、高梁商家資料館と見学し、やはりもう一つ行きたいのはやっぱり備中松山城

無理を承知で徒歩で行くことを決意。
徒歩で1時間くらいでしょうか。
道路沿いを歩いていくと左側に松山城の看板が見えてきます。
ここからや登山です。
登山口には臥牛山については説明看板があります。
そしてようやく備中松山城へ到着したのです。

2008_057_4_22008_063_42008_007_4   








ひだり 市街からお城を目指します。
なか  登山道の石垣です。
みぎ  松山城入口あたりの石垣から市街を見たところ。

その17へつづく

2008年11月 3日 (月)

電車でぐるり東海・山陰・山陽の旅 伯備線⑮

旅の朝は早い。2008_021_4
06:13出雲市駅発  岡山行き 普通
本日は備中高梁を目指します。

今日は平日ということもあり、出雲市から根雨くらいまでは通勤、通学列車状態。
若いんだかそうでないんだかわからない女性が電車内で大変身して電車を降りて行きます。
学生たちは箸がころげ落ちただけで楽しいお年頃。
私もすっかり高校生だった頃からだいぶ経ってしまい見てい若さを感じずにはいられません。
さて、学生たちも降車し、電車はすっかり空いてしまいました。
上石見で10分くらいか特急列車の通過待ち。ちょっと電車を降りて駅を散策です。
2008_033_4ここで島根県ともお別れです。
09:48新見到着。またまた20分の停車です。
こちらは特急列車もとまる主要駅であり、伯備線の他芸備線、姫新線の乗り換え駅でもあることから4線もの線路があります。
(ちなみに写真に写っている列車は津山行きワンマン列車)
すっかり乗客が少なくなったこの列車もここから乗客が増えました。2008_001_4
10:39備中高梁到着。。。。
そして出発。
寝過ごしてしまいました。
とりあえず、次の駅備中広瀬駅にて下車。10:47
小さな無人駅です。駅舎内に切符の自動販売機がありました。
次の下り列車を待つことにします。
備中広瀬11:03発 備中高梁11:08到着
(ちなみに本日は青春18きっぷなので問題なしですよ。)

その16へつづく

2008年10月 9日 (木)

電車でぐるり東海・山陰・山陽の旅 日御碕⑭

2008_078_3出雲大社から路線バスで日御碕へ向かいます。
大社15:55発日御碕16;15 運賃490円
バスの乗客は私を含め4~5人
特別参拝の受付時間が過ぎたこともあり、大社前で降りてくる乗客はいなかった。
少し進むと日本海が見えてきました。
天気はまだまだ曇り気味。
20分くらいで終点日御碕に到着。2008_034_3

バス停から岬方面へ向かうとまず目の前に鳥居が見えてきます。
そいつをくぐると赤ーい神社が見えてきます。
日御碕神社であります。
祭神は、
日没宮 天照大御神(あまてらすおおみかみ)
神の宮 素盞嗚尊(すさのおのみこと)
縁結びや子宝のご利益があるそうです。
こちらのおみくじは50円でしたー。
2008_044_3出雲大社で協力金を納めたのでこっちでひけば良かったとちょっと後悔。
神社から海沿いの遊歩道を歩きいよいよ日御碕灯台が見えてきました。
石造りの外壁はが美しいです。
明治時代に完成した灯台は高さ43.65mあり東洋一の灯台とも呼ばれているそうだ。
雲の切れ目から太陽が覗き眩しい。
白い灯台がなおのこと眩しく感じた。2008_048_3
灯台の中には入れないようだったので、遊歩道をもう東へ少しあるいてみることにした。
少し歩くとちょっとして椅子がある展望台っぽいところに到着した。
まだ先へすすめそうであったが体力も限界を感じここで一般駐車場2008_051_3 方面へ向かうことにした。

一般道を元のバス停方面へ下る。
途中で歩行者用の細い道があったのでここを下り無事バス停に戻ることができた。
結局2時間半くらいぶらぶらしてしまった。
特に何かしたわけでもない。
やっぱり海はよい。
18:39発出雲市駅・上塩冶車庫行き
ここから1時間弱バスに揺られます。2008_084_3
途中、日の入りの時間となり雲の切れ間から夕日が見えました。
なんで日の出や日の入りは感動するんだろう。

19:34出雲市駅到着 運賃840円

その15へつづく

2008年10月 4日 (土)

電車でぐるり東海・山陰・山陽の旅 出雲大社⑬

2008_072_3いよいよメイン出雲大社でございます。
2年ぶり2回目の参拝ヽ(´▽`)/
7月の特別参拝の最終日ということもあり、思ったより参拝客は少なめでした。
御本殿特別参拝するために、まずは受付を探します。
一応旅行前に服装等の注意を見たので、本日はちょっぴり正装ぎみです。2008_073_3
やはりカジュアルすぎる服装や肌の露出が多い服装の方は中にははいれないようでした。

*とはいえ、他の人を見てみると思っていたよりは厳しくない印象でした。
最終日で人が少なかったからかも。
ちなみに、私は黒のスキニーパンツに白シャツです。ボタンを開けていればカジュアルにも着れるので他の観光場所でも変な感じがしなくてよかったです。


整理券には、参拝時間を指定しているような文言が入っていましたが、特に何も指示されることもなくすんなり参拝場所へ向かいます。
特に並ぶこともなくすんなり御本殿参拝。
(ちなみに御本殿は撮影不可です。)
指示に従い本殿をぐるりとまわり、本殿前の通路に座り一通りの説明を聞きます。
(一度に20人くらいで見る感じです。)
だいたい正味5分くらいというところでしょうか。
あっという間です。
参拝事態は無料ですが、境内には平成の大遷宮のための協力金を受け付けています。
私もせっかくなので最低額である千円を納めます。
ちなみに、協力金を納めると記念絵葉書を頂くことができました。
2008_076_3 ちょっとしたお土産になります。

最後はおみくじをひきます。
2年前に来た時は50円かかるかかからなかったと思ったのですが、今回は100円に値上がりしてました。
やはり修理にお金がかかるのでしょうね。

その14へつづく

2008年9月30日 (火)

電車でぐるり東海・山陰・山陽の旅 松江から出雲へ⑫

2008_063_3 思った以上松江で観光してしまい、本来乗車する予定であった13:22の普通列車に乗り遅れ、仕方なく13:36発の特急やくも9号へ乗車することにした。今日はJRは松江→出雲市しか乗車予定ではないので青春18切符は未使用。
ちょっと割高ではるが特急列車を利用です。
お値段1,610円なり。
まあ、今日は15時半までに出雲大社へ行かなければならないので仕方なしです。2008_065_3
今日も、朝食しかとっていないので電車内で昼食とします。
食事場所を確保したと思えば少々高くても価値ありです。
松江駅の食品店街で購入したお弁当を頂きます。
右に宍道湖を眺めながら30分間の特急列車の旅を満喫します。
特急は車体が高いので眺めもよし。
14:09出雲市到着。
駅を出てまずは本日の宿である東横インに荷物を預けます。
さて、駅前には特別参拝のために仮設(と行ってもバス停のところにテーブルがあるだけですが。)のバス券販売所がありました。
2008_070_3今日は出雲大社と日御碕へ行く予定なので、片道のみの切符を購入しバスへ乗り込みます。
乗車し、少し経つと雨がちらほら降ってきました。
だんだん強くなってくるので少々心配。
しかし、到着するころには小雨になりなんとか支障はなさそうです。

その13へつづく

«電車でぐるり東海・山陰・山陽の旅 神魂神社⑪

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

九州をさるくべさ

  • 荷物を運び出します。
    2007.9.20-25の福岡・長崎旅行の写真です。 もう一年くらい経ってしまいましたが、 写真の補足を地道に修正しております。

春のみちのく二人旅

  • 唯一のお土産。
    2007年4月30日から5月5日までの北東北旅行の写真です。

さっぽろ雪まつり

  • H19.02.05 10丁目STV会場
    2007年さっぽろ雪まつり作成模様と雪まつり風景の写真です。 記事はカテゴリのさっぽろ雪まつりにあります。

神の故郷山陰の旅

  • ぐるっと神話の旅クッキー
    11月23日より3泊4日の山陰の旅。 一人旅だけにかなり写真撮ったのでブログに載せられなかった分を公開します。 本編はカテゴリ内の神の故郷山陰の旅に収納してます。

旅~♪

  • 新潟港出航!
    旅行に行ったときの写真を紹介します。 ここには遠出したときの写真を中心に載せようと思います。

ステキブログ

  • くっぎー
    主に旅行記。いつも素敵だなって感心してしまう。
  • 平蔵日記
    クサガメの平蔵くんの毎日が覗けます。かわいさはかなりヤバイですよ。うちのかめおも負けてられません!
  • UME blog
    国内旅行記です。 私の好きな旅行の仕方なので楽しく拝見させて頂いてます。
  • やえもんのひだまりカフェ
    学校の先生をされているようで、学校のこと車のこと、お酒のこと、旅のこと等が書かれています。

最近のトラックバック

ブログランキング参加中

無料ブログはココログ