« 目指せ神の故郷山陰の旅 鳥取から出雲へ③ | トップページ | 目指せ神の故郷山陰の旅 石見銀山⑤ »

2006年12月 3日 (日)

目指せ神の故郷山陰の旅 石見銀山④

11月24日旅2日目。
朝、09:00過ぎ、東横インの無料朝食サービスでおにぎり2つと味噌汁、珈琲を頂き駅へと向かう。

09:20出雲市発浜田行き 普通列車(ワンマン)Cimg2221
ワンマン列車の為、2両編成とはいえ多くの乗客は先頭車両へ乗車。
私は、1時間弱の電車の旅を満喫するため後ろの車両に乗り込んだ。
乗客は少なくまたもや4人掛けのボックスシートにひとりゆったりと座ることができた。
私は電車に乗る際、空いていれば必ず海側に座る。
生まれて18年、ずっと海の近くで育ったせいか海が見えない街はなんだか息詰まる。
そう思うと今住んでいる札幌。
Cimg2241なんでもそろって便利だけどなんだか物足りないのは海が見えないからなんだろう。
のどかな田園風景が過ぎると山陰本線は海沿いを走ることになる。
当初、天気はイマイチであったが、なんだか空は明るい。
10:17 仁万駅到着。
仁万駅からはバスで石見銀山へ向かう。
10:20 仁万駅前発龍源寺間歩行き バス 石見交通
乗客は私と地元のおばあちゃんらしい方と2人のみ。
彼女は2~3先の停留所で下車した。Cimg2262_1
市街地を抜けるとどんどん山に入っていく。
確かに銀山があるんだから山奥は当然な訳で。
1車線の軽く峠のような道をバスは進む。
それを越えると民家が見えてくる、大森地区に入ったようだ。
大森代官所跡で一人旅らしい男性がひとり乗車。
車1台分の狭い道路をバスは終点龍源寺間歩前へ向かう。
10:35 龍源寺間歩前到着。
少々肌寒いもののまあ、歩くにはちょうどよいのかもしれない。
間歩に向かう途中気になる看板を目撃した。
山吹城跡(害要山)1200m(←数字は覚えてないのでおよそです。)
Dsc00176_1まるで登山道のような道。登ってみたいという衝動と1km強なら大したことないという安直な気持ちで私は山道へ向かった。
道は思いのほか険しく、道が整備されているとはいえデスクワークのOLまがいの私にはかなりきつい。
下の方では先ほどバスで一緒だった男性が登り口の看板を眺めている。
彼も登ろうとしているのだろうか。
途中休憩所があった。Dsc00174
だいぶ登ったつもりでいたがまだ半分だということを知り愕然とするが、ここまで登ってやめてしまったら今までの苦労が台無し。
なんとしても山吹城あとをみなければ。
休憩所を過ぎ進んでいくとかなり景色が良くなっていく。
私のこころも未知の場所に向かっていることもあり気持ちが高ぶる。
Dsc00172すっかり外界から閉ざされた山の中。
最初は女ひとりこんなところに登るなんて危険と思っていたが、それ以前になにか獣でも 出てくるのではないかという不安の方が大きくなっていく。
熊に襲われたらどうしよう。てか、山陰にも熊っているんだろうか?なんて考えながら、まあそうなったらそれまでだろうなんて考えたりして。
私はちいさな頃から知らないところへ行くのが好きだった。
妹を連れてひみつの山道へ連れて行き妹がのみDsc00152に刺され母にひどく叱られたことがある。そんなことを思い出した。
害要山からの眺め。
かなりの達成感を味わうことができた。
でもなんだろう。風をしのぐ木がないせか、それともなんだろう。
なんだか怖いような気味の悪いような淋しいような気持ちになった。
強い風の音。

Cimg2270戦国時代大内、尼子、毛利と銀山を巡る争いがありその後江戸時代になると幕府直営となり銀山で働く人々で賑わい栄えたそうだ。時代が違うとはいえ炭鉱で栄えた町とおんなじ感じなのかもしれない。
だとしたら、古きよき時代だけでなく今私たちが生きている今あるものも将来歴史的に価値があるもになる可能性があるのだ。

その5へつづく。
にほんブログ村 旅行ブログへ

« 目指せ神の故郷山陰の旅 鳥取から出雲へ③ | トップページ | 目指せ神の故郷山陰の旅 石見銀山⑤ »

目指せ神の故郷山陰の旅」カテゴリの記事

コメント

こちらでははじめましてv
マッチさん、北の大地にお住まいですか?
一人旅のお話、北の大地のお話、
楽しみにしています☆
これからもよろしくですv

まっちさん、こんばんわ。
先日は当ブログにご訪問いたき、ありがとうございました。
自分旅行には行きたい願望たっぷりなんですが、なかなか行くことをせず(せいぜいツーリング程度)、こうやって人様の旅行記を読んで、行った気になり満足しております。
出雲・・・確か自分の親父が島根県出身でして、この続きも楽しみにしてます。

そらさん、heyzohさん こんばんわ!
訪問して頂きありがとうございます。
試される大地に住むOLです。
12月に入り自転車通勤から地下鉄通勤に切替えいよいよ冬到来です。

そらさん
私は英語しゃべれないので一人で海外へ出かけれないのでそらさんのように海外一人旅できる方に憧れます。
こちらこそ旅行記楽しみにしてます。

heyzohさん
お父様が島根出身なんですね、とてもよいところでした。
多分来年にはブームになってしまうと思いますが人も町も良く快く旅することができました。また行きたくなるところです。
亀仲間としてもよろしくおねがいします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99158/4410522

この記事へのトラックバック一覧です: 目指せ神の故郷山陰の旅 石見銀山④:

« 目指せ神の故郷山陰の旅 鳥取から出雲へ③ | トップページ | 目指せ神の故郷山陰の旅 石見銀山⑤ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

九州をさるくべさ

  • 荷物を運び出します。
    2007.9.20-25の福岡・長崎旅行の写真です。 もう一年くらい経ってしまいましたが、 写真の補足を地道に修正しております。

春のみちのく二人旅

  • 唯一のお土産。
    2007年4月30日から5月5日までの北東北旅行の写真です。

さっぽろ雪まつり

  • H19.02.05 10丁目STV会場
    2007年さっぽろ雪まつり作成模様と雪まつり風景の写真です。 記事はカテゴリのさっぽろ雪まつりにあります。

神の故郷山陰の旅

  • ぐるっと神話の旅クッキー
    11月23日より3泊4日の山陰の旅。 一人旅だけにかなり写真撮ったのでブログに載せられなかった分を公開します。 本編はカテゴリ内の神の故郷山陰の旅に収納してます。

旅~♪

  • 新潟港出航!
    旅行に行ったときの写真を紹介します。 ここには遠出したときの写真を中心に載せようと思います。

ステキブログ

  • くっぎー
    主に旅行記。いつも素敵だなって感心してしまう。
  • 平蔵日記
    クサガメの平蔵くんの毎日が覗けます。かわいさはかなりヤバイですよ。うちのかめおも負けてられません!
  • UME blog
    国内旅行記です。 私の好きな旅行の仕方なので楽しく拝見させて頂いてます。
  • やえもんのひだまりカフェ
    学校の先生をされているようで、学校のこと車のこと、お酒のこと、旅のこと等が書かれています。

最近のトラックバック

ブログランキング参加中

無料ブログはココログ