« 目指せ神の故郷山陰の旅 松江⑧ | トップページ | 目指せ神の故郷山陰の旅 帰路⑩ »

2006年12月17日 (日)

目指せ神の故郷山陰の旅 松江⑨

Cimg241611月26日(日)今日が旅行最終日です。
ぐるっと松江レイクライン1日乗車券(500円)を購入し 松江城を目指す。
バスを降り、松江城公園入り口あたりに観光ボランティア案内所がある。ちょっと迷ったのですが観光案内をお願いすることにする。
受付には年配のボランティアガイドさん1人、どうやら他の方々は案内で出払っていて留守番だったようですが、北海道から来たことをお話するとせっかくなのだからということで快く案内してくださいました。
案内所の鍵をかけ、天守閣へ向かう。
Cimg2422天守閣へ向かう石段には松江城を築城した堀尾氏の家紋が彫られている。これはガイドをお願いしなければ気づかなかっただろう。
天守閣受付にて共通入場券920円を購入し中へ入る。
現存する天守閣を見るのは今回が初めて、松江城も天守閣のみは地元の有力者等が買い取った為取り壊されずに残すことができたそうだ。(現在は松江市に買い戻されている)昭和25年から5年間の解体修理により築城当時のものではないが風貌はやはり貫禄十分。
城内に入ると生活物資の貯蔵庫と井戸があり、長期戦線で城外に出られなくても大丈夫なようになっている。
2Fへ上がると四方に石落としと呼ばれる隙間があり、外的が場内に進入しようとすればそこから石を落とせる。城というものはよくできている。感心するばかりです。
Cimg2425城の最上階へ到着、松江市が一望できる。こんなに景色がよいところであるがここでは見張りや会議が行われる場所で城主はほとんど来ることはなかったようです。
天守閣を後にし、ボランティアガイドさんとはお別れ。
忙しい中いろいろ説明して頂きありがとうございます。
松江城公園を通り抜け小泉八雲記念館へ向かう。
途中、すれ違った別のガイドさんと会う。
少しお話をする少し案内してくださるとおっしゃったので小泉八雲記念館を案内してもらうことにした。
小泉八雲といっても日本人ではない。
アイルランド人で旧名をパトリック・ラフカディオ・ハーン小泉八雲というのは日本に帰化した際に付けた日本名です。
作家で日本の紀行文等を翻訳し海外に紹介していて、その当時の原稿等を展示しています。ボランティアガイドさんは最初の印象はかなり厳格な感じてとっつきにくい感じの女性だったのですが、お話を聞いていると本当に歴史というか松江が好きなことがビシビシ伝わってきます。
何か夢中になっている方は何歳になってもステキ。
見学後、ガイドさんは次に予約があるので戻らなければいけなCimg2428いとのこと、別の時間であれば武家屋敷も案内して頂けるとおっしゃって頂いたのですが私も今日は松江に15時までしかいられないことを伝え残念であったがここでお別れすることとなった。
ここからは一人武家屋敷を見学。
江戸時代の中級武士が住んだ屋敷です。
広さはあるものの、やはりお風呂やトイレなどは狭く、今の世の中は便利になったと思い知らされます。
Cimg2448そろそろ疲れて参りました、ガイドさんがオススメしてくれた明々庵という茶室でお茶を頂くきます。
なによりこのお茶菓子、増鏡というのですが甘すぎず実に美味しいんです。
硬くて砂糖菓子のタブレットっていう感じなんですがお土産に買いたかったものの、これは販売されていないとのことでした。残念。
休憩後、もう時間もあまり残っていないので最後ぐるっと松江レイクラインで一周Cimg2454しながら観光しようと思いバスに乗り込み月照寺へ行く。
旧松江藩主松平家の菩提寺であるここはかなり歴史を感じられ草々がおびただしく茂っているのが少々怖さすら感じさせます。
広い境内を一回りするとステキな出会いがありました。
かめさんです。
第6代藩主寿蔵碑の大亀です。
巨大な石造りの亀は顔、手足等も大変リアルに作られていて迫力がある。とはいえ亀好きの私としてはそれすらかわいらしおもってしまう。
月照寺を見学後、少し遠いとは思いながら松江しんじ湖温泉まで徒歩で向かう。今日も最後に足湯に浸かって旅を締めくくりたいと思ったからだ。
30分弱湯に浸かりバスで松江駅へ戻った。

その10へつづく
にほんブログ村 旅行ブログへ

« 目指せ神の故郷山陰の旅 松江⑧ | トップページ | 目指せ神の故郷山陰の旅 帰路⑩ »

目指せ神の故郷山陰の旅」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。最近、ブログを始めました。

私も歴史が好きで気がつけばあちらこちら、日本の各地を訪ねて歩きました。旅はいいですね。美味しいものにも出会える。心に残る人情にも出会える。

よかったら、まだたどたどしいですが私のブログにも遊びに来てください。

はじめまして。最近余裕も出てきたので、かつて行きたくても行けなかった城巡りを始めました。松江城には是非一度行ってみたいと思っているのですが、一旅行になってしまうので…。現在は近場の天守閣and史跡を眺めに車or電車を駆使して、まず関東近辺の城を拝観しに行ってます。

こめのくにさん
はじめまして、いろいろと旅をされているようですね。
私はまだまだ歴史通までいかないものの、やはり少しでも勉強して出かけると見るもの一つひとつも何も知らずに出かけるより楽しめます。
旅に行ってなにか変わるか?と聞かれるとYESとはいえないものの何か自分自身新しい発見ができる気がしてそれも楽しみのひとつです。
いろいろ勉強させて頂きます。よろしくお願いします。

あめ後はれさん
はじめまして、城めぐりいいですねー。
関東周辺からということは関東の方なんでしょうね。うらやましいです。
私は北海道なのでなかなか道外に出かけるのは時間的にも金銭的にも厳しいのが現状です。(とはいってもかなり行っている方だとは思いますが、、、。)
私は来年土日を利用して北海道再発見の旅をしたいと思ってます。
とりあえず身近から、、、という感じで。
私もブログ参考にさせて頂きます!よろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99158/4580286

この記事へのトラックバック一覧です: 目指せ神の故郷山陰の旅 松江⑨:

« 目指せ神の故郷山陰の旅 松江⑧ | トップページ | 目指せ神の故郷山陰の旅 帰路⑩ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

九州をさるくべさ

  • 荷物を運び出します。
    2007.9.20-25の福岡・長崎旅行の写真です。 もう一年くらい経ってしまいましたが、 写真の補足を地道に修正しております。

春のみちのく二人旅

  • 唯一のお土産。
    2007年4月30日から5月5日までの北東北旅行の写真です。

さっぽろ雪まつり

  • H19.02.05 10丁目STV会場
    2007年さっぽろ雪まつり作成模様と雪まつり風景の写真です。 記事はカテゴリのさっぽろ雪まつりにあります。

神の故郷山陰の旅

  • ぐるっと神話の旅クッキー
    11月23日より3泊4日の山陰の旅。 一人旅だけにかなり写真撮ったのでブログに載せられなかった分を公開します。 本編はカテゴリ内の神の故郷山陰の旅に収納してます。

旅~♪

  • 新潟港出航!
    旅行に行ったときの写真を紹介します。 ここには遠出したときの写真を中心に載せようと思います。

ステキブログ

  • くっぎー
    主に旅行記。いつも素敵だなって感心してしまう。
  • 平蔵日記
    クサガメの平蔵くんの毎日が覗けます。かわいさはかなりヤバイですよ。うちのかめおも負けてられません!
  • UME blog
    国内旅行記です。 私の好きな旅行の仕方なので楽しく拝見させて頂いてます。
  • やえもんのひだまりカフェ
    学校の先生をされているようで、学校のこと車のこと、お酒のこと、旅のこと等が書かれています。

最近のトラックバック

ブログランキング参加中

無料ブログはココログ