« 目指せ神の故郷山陰の旅 出雲大社⑦ | トップページ | 目指せ神の故郷山陰の旅 松江⑨ »

2006年12月16日 (土)

目指せ神の故郷山陰の旅 松江⑧

松江しんじ温泉駅到着後、駅すぐ横にある松江しんじ温泉足湯で歩き疲れた足を休めバス、ぐるっと松江レイクラインで今日のお宿東急インへチェックイン。
天気はくもりがちであるが若干陽が差し込めている。 Cimg2404
宍道湖の夕日を見に島根県立美術館へ徒歩で向かうことにした。
川沿いの道は整備されていて歩きやすい。
ちょうど写真の奥に見えるあたりが嫁島橋。あの橋の左に美術館はある。
知らない道を歩くというのは本当に楽しい。
Cimg2405島根県立美術館は大変立派でエントランス、裏の宍道湖面はすべてガラス張りになっている。
かなり建設費が掛かってると思われる建物。これだけガラス張りであれば清掃なんかもかなりお金が掛かっているのであろう。
到着後、とりあえずおなかがすいたので珈琲とお菓子を注文する。どうやらこのカフェ(といってもワゴン販売)5時までみたいでちょっと店員さんに嫌な顔されてしまった。Cimg2406
かるくコーヒー1杯の注文だというのに10分強待たされている間にどんどん暗くなっていく。
こんなことなら注文しなければ良かったと後悔しつつできるだけ急いで飲み干す。
美術館から宍道湖湖畔へ向かう。今日は晴天ではないが雲の切れ間から若干陽の明るさが垣間見れる。
とても整備された湖畔。もう少し明るい時間に訪れたかった。
その後美術館内を散策しまだ時間があるので明日の下見をしようと松江城方面に向かう。Cimg2414
湖畔沿いの道は整備されていてまたもやお金が掛かっているという感じ。
歩いているときもちが良くてちょと歌いながら(かなりきもい自分)松江城を目指す。
既に真っ暗になった松江城の天守閣は既に閉門していてその手前まで登る。真っ暗なかに自分ひとり。ちょっと怖いけどちょっとした征服感。すこしして警備員が見回りにきたので城山公園内をぐるっと歩き駅前へ戻ることにする。 Dsc00190
お土産屋などは既にしまっていたもののカラコロ工房あたりは照明がまだ消えていなくてきれい。京橋川からお店の明かりを見渡しながら歩くのもなかなか良いです。
松江大橋を通り繁華街を抜ける。
松江のすすきの的場所なんであろうか途中ちょと大人なお店が沢山ある小道を恐る恐る通りながらなんとか無事駅周辺へ戻ることができた。

さて、もう夕食の時間をとおに過ぎている。
今夜はなにかうまいものを食べなければ。
ということでちょと勇気を出して駅前の日本料理のお店に入った。
店は8時を過ぎていたものの大変込み合っていて満席、待ってもかまわないことを伝える。ちょと態度が良くないの気に係りながら待つことにした。
既に1組50代くらいの夫婦がいる。私も待っていたが彼らに出されているお茶やメニュー等は自分に出してくる気配がなく正直イライラしながら待っていた。
もしかしたら自分は若いのでなめられているのではないかと思いながら次ひどい態度を取られたらなんか一言ビシッと言って店を出ようと思いながら待った。
30分くらい待っただろうか、店員(というか別に案内係の方)が声を掛けられる。
席が用意できたようだ。
メニューは決まりかと聞かれたので何も出されていないから決めていないと答える。
相手が次になんと返すかで店に入るかどうか決めようと思ったのだ。
キャンキャン怒るのは格好が悪い。ここは冷静に伝えて自分の意思を伝えるところです。(とはいっても自分は不愉快に思っているという態度はある程度出しながら。)
女25歳時にはビシッとするのです。

案内係の方は大変丁寧に対応して頂いたので、帰らず食事をここですることにした。
私は当初一番安い4,000円のお造りにしようと思ったのであるが、ちょと厳しい態度をとったということと、若いからどうせ安いもんしか食わないだろうと思われるのが嫌ではっきりいって少し見栄を張り6,000円のものにランクアップ。そんでもって今回の旅初のアルコールを注文。
「とりあえずビールで」 みたいな。
食事は大変美味しく、一つひとつの料理を説明してもらいながらじっくり堪能。
流石値段を上げただけあって大変食材も豪華。私の外食の値段としても最高額です。
案内係の方他お店の方も大変良い方々で楽しくお話をさせて頂きました。
結局ビールと焼酎合わせて2杯を飲み干しかなりご機嫌になりおしゃべりが楽しくなっています。
お酒って食事に合うのね。

いやー、ある意味ちょっと厳しい態度をとったのは良かったのかもしれない。

でも、料理の値段を上げてしまった自分を考えると思う壺といえばそうなんですが、今回の旅で満足に美味しいものを食べていなかったのだからこのくらい良いでしょう。

なにより、自分がそういうお店に入る勇気というのは一人旅をしなければやらないでしょう。

大変気分よく食事をし、お礼を言って店を後にする。
もし、また松江へ行く機会があればまた来たいと思うお店でした。
大変お世話になりました。

その8へつづく

にほんブログ村 旅行ブログへ

« 目指せ神の故郷山陰の旅 出雲大社⑦ | トップページ | 目指せ神の故郷山陰の旅 松江⑨ »

目指せ神の故郷山陰の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99158/4573132

この記事へのトラックバック一覧です: 目指せ神の故郷山陰の旅 松江⑧:

« 目指せ神の故郷山陰の旅 出雲大社⑦ | トップページ | 目指せ神の故郷山陰の旅 松江⑨ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

九州をさるくべさ

  • 荷物を運び出します。
    2007.9.20-25の福岡・長崎旅行の写真です。 もう一年くらい経ってしまいましたが、 写真の補足を地道に修正しております。

春のみちのく二人旅

  • 唯一のお土産。
    2007年4月30日から5月5日までの北東北旅行の写真です。

さっぽろ雪まつり

  • H19.02.05 10丁目STV会場
    2007年さっぽろ雪まつり作成模様と雪まつり風景の写真です。 記事はカテゴリのさっぽろ雪まつりにあります。

神の故郷山陰の旅

  • ぐるっと神話の旅クッキー
    11月23日より3泊4日の山陰の旅。 一人旅だけにかなり写真撮ったのでブログに載せられなかった分を公開します。 本編はカテゴリ内の神の故郷山陰の旅に収納してます。

旅~♪

  • 新潟港出航!
    旅行に行ったときの写真を紹介します。 ここには遠出したときの写真を中心に載せようと思います。

ステキブログ

  • くっぎー
    主に旅行記。いつも素敵だなって感心してしまう。
  • 平蔵日記
    クサガメの平蔵くんの毎日が覗けます。かわいさはかなりヤバイですよ。うちのかめおも負けてられません!
  • UME blog
    国内旅行記です。 私の好きな旅行の仕方なので楽しく拝見させて頂いてます。
  • やえもんのひだまりカフェ
    学校の先生をされているようで、学校のこと車のこと、お酒のこと、旅のこと等が書かれています。

最近のトラックバック

ブログランキング参加中

無料ブログはココログ