« 目指せ神の故郷山陰の旅 石見銀山④ | トップページ | 目指せ神の故郷山陰の旅 石見銀山⑥ »

2006年12月 4日 (月)

目指せ神の故郷山陰の旅 石見銀山⑤

Cimg2271さて、害要山を降り、龍源寺間歩へ向かうことにする。
結局誰とも出会うことはなかった。
登る前にいた男性、多分私が女ひとりで登りだしたので登りづらくなったのであろう。
私が男なら勘違いされたら嫌なので登らないと思う。
龍源寺間歩の見学料は400円。早速中に入る。
坑道の高さは1.6m~2.1mと場所によっては私の身長より低い場所があり、気をつけていたもののうっかり頭をぶつけてしまった。
そういえば、夏に行った会津若松で江戸時代の人の平均身長が156cmと書いてあったので当時はこのくらいで十分だったのであろう。
Cimg2273坑道には鉱脈にそって掘られたひ押し抗、排水のために垂直に掘られた竪抗があり、当時の銀山発掘は掘り進める際に出てくる水との戦いだったそうです。
銀を掘る係、銀を運ぶ係、坑道に酸素を送る係、水を汲み出す係など各役割ごとに交代制で24時間銀の発掘をしていたそうだ。
わたしの知識がないからですが銀を掘ることよりもあふれ出す水を汲み取ることが大変だったなんてここに来て初めて知ることになった。
Cimg2284その様子は写真のように絵巻で残されていてみることができます。
一般に公開されているのは173mですがなかなか楽しむことができました。
坑道内はうっかりしてるとしずくにあたります。長い年月が過ぎれば鍾乳石になるんじゃないかって感じの部分もあって、ここの山には石灰岩が多く含まれてるのかとか考えるとちょと楽しかった。(ただの勘違いかもしれないけどね。)

龍源寺間歩を出ると石見銀山香屋というお店があります。
香木と輸入ハーブをブレンドした香り袋がメインで売っています。
種類はいろいろあるのですが、普通の(車用とかもあります。)香り袋を母と妹、自分の分で3つ購入。ここでは口達者な店主さんが香木について説明してくれました。
どこから来たのかと聞かれたので北海道と答えると、今日のお客さんのなかで一番遠くからきてるね。と言われた。ちなみに私が来る前までは埼玉県が一番遠方だったとのこと。Cimg2291
長い石段を登ると佐毘売山神社が見える。
賽銭箱が外になかったがどうやら鍵のかかった中にあるようだったので穴から僅かながらお賽銭を入れた。
さて、ゆっくり下り大森地区まで下っていく。
次に訪れたのは羅漢寺。五百羅漢を参拝するにはここで参拝料500円を支払う。
五百羅漢は銀山で亡くなられた人々の霊を供養する為に彫られ500体の羅漢像はそれぞれ個性的な表情を出していてどこか優しくあたたかい気持ちになる。
中にはにゃんに似ているものもあり、ちょっと面白くなってしまった。
彼はありがたいお顔をされているんだな。Cimg2297
そろそろおなかが空いてきた。お昼ごはんにしなければ。
小さな町だけあって食事どころはそれほど多くはない。
大森地区の町並みを散策しながら見つけることとしよう。
このあたりは江戸時代の風情を残す町並みが続きちょっとしたお土産屋などが続いている。
どっちの旅旅ショーで出ていたカンテラ屋竹下錻力店に立ち寄る。
店内にはガレッジセールのサインが飾られていて4人組の関西から来たと思われる私と同じくらいかそのくらいの女性が楽しげに話していた。
やっぱり関西の方はノリがいいのか。ちょっとうらやましくも思った。
ここでカンテラせんべいを購入し店を出る。
後で気づいたのだがここの袋は奥さんが直筆で書かれているようだ。
「何度なき ふと立ち止まる 銀の道」
なんて小粋なことしてくれるのだ。
Cimg2303ちょうど隣に朝日庵という蕎麦屋を見つけたのでここで昼食をとることにした。
もう14:30。店内は混んでいないのにも関わらずまったく対応が遅い。
何度か呼びようやく店員さんが出てきてくれた。
とりあえずおなかが空いていたのでそば定食だかを注文。1,300円くらいだったはず。
ちなみにお味の方は美味しかったです。
ちょっと多いのではないかと心配したもののぜんぜん。大満足でした。

その6へつづく

« 目指せ神の故郷山陰の旅 石見銀山④ | トップページ | 目指せ神の故郷山陰の旅 石見銀山⑥ »

目指せ神の故郷山陰の旅」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
まっちさん、度胸がありますね!!!
この山道の感じ、私はかなり躊躇してしまいそうです。
私は、洞窟っぽいのとか本当に苦手だし。
見知らぬ男性と2人っていうのは、かなり嫌ですが、
一人で踏み込む勇気も出てこないと思います。
いや~、本当にビックリしました^^

はじめまして。

そうなんですよね、昔の人は小さかった。昔の屋敷など、鴨居の低さにびっくりすることがあります。武家屋敷などは、刀を振り回されるのを防ぐ意味合いもあるようですが。

sunsunさん
自分自身よく行ったなと思いました。
年頃の娘がやることとしてはまったくよろしくないことでした。(反省)
でも、あのドキドキ感はたまりません。
でも、ちょっと人には薦められないかも。

やえもんさん
刀を振り回せないようにするというのは初めて知りました!
勉強になります。確かにそうですよね、今度行った時はそういう所も気をつけて見てみます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99158/4418506

この記事へのトラックバック一覧です: 目指せ神の故郷山陰の旅 石見銀山⑤:

« 目指せ神の故郷山陰の旅 石見銀山④ | トップページ | 目指せ神の故郷山陰の旅 石見銀山⑥ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

九州をさるくべさ

  • 荷物を運び出します。
    2007.9.20-25の福岡・長崎旅行の写真です。 もう一年くらい経ってしまいましたが、 写真の補足を地道に修正しております。

春のみちのく二人旅

  • 唯一のお土産。
    2007年4月30日から5月5日までの北東北旅行の写真です。

さっぽろ雪まつり

  • H19.02.05 10丁目STV会場
    2007年さっぽろ雪まつり作成模様と雪まつり風景の写真です。 記事はカテゴリのさっぽろ雪まつりにあります。

神の故郷山陰の旅

  • ぐるっと神話の旅クッキー
    11月23日より3泊4日の山陰の旅。 一人旅だけにかなり写真撮ったのでブログに載せられなかった分を公開します。 本編はカテゴリ内の神の故郷山陰の旅に収納してます。

旅~♪

  • 新潟港出航!
    旅行に行ったときの写真を紹介します。 ここには遠出したときの写真を中心に載せようと思います。

ステキブログ

  • くっぎー
    主に旅行記。いつも素敵だなって感心してしまう。
  • 平蔵日記
    クサガメの平蔵くんの毎日が覗けます。かわいさはかなりヤバイですよ。うちのかめおも負けてられません!
  • UME blog
    国内旅行記です。 私の好きな旅行の仕方なので楽しく拝見させて頂いてます。
  • やえもんのひだまりカフェ
    学校の先生をされているようで、学校のこと車のこと、お酒のこと、旅のこと等が書かれています。

最近のトラックバック

ブログランキング参加中

無料ブログはココログ