« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月24日 (土)

喜ばれるプレゼントを買いたい

003_2何か喜ばれるプレゼントを贈りたい。
なんとなく漠然と考えていました。
もうすぐ妹の23の誕生日なんです。

なんだか面倒な時とか割りとネットショッピングなんてやるんですが、毎度のことながらZOZOでかわいいを見つけたので購入してみました。

UN DOUZE  のアロマキャンドル \3,675也。

誕生石をモチーフにされていて12種類あるそうです。
ちなみに購入したのは3月の誕生石アクアマリン。
キャンドル自体のかわいらしさは勿論、箱もかわいらしくてプレゼントにぴったりという感じです。
あとはメッセージカードを封入して送るばかりです。
喜んでもらえたらよいな。

2007年3月21日 (水)

きいろくて丸いやつに勝てるのか

久々に更新するような気がします。
ちょっと前にテレビでHBCのCMを見て衝撃を受けました。
前にCULTURE NIGHT FEVER その3(2006.7.22UP)で一度紹介したことがあるのですが、HBCのマスコットキャラもんすけ。
どうやら人気が薄いようです。

ちょっと気になって調べてみたところ「もんすけ1BAN計画」というサイトを発見。
こちらではもんすけのブログが公開されています。
かなりかわいいのでちょっと気に入っております。

そういえば、雪まつりのHBC会場にももんすけの雪像を発見したところ作成している方々が気を使ってくれて写真を撮ってもらったことを思い出す。
HBCは今もんすけに力を入れているのかな?
好きだっていったらすごく喜んでくれた記憶が、、、。

ちなみにきいろくて丸やつというのは、今では全国区になった番組にも出演しているあれです。

もんすけ1BAN計画↓
http://www.hbc.jp/monsuke/
皆さん応援してやってください。

2007年3月 8日 (木)

真冬のリゾートinキロロ エピローグ

Cimg2778桜の開花予報もネット上では本格的に稼働し始め心はあたたかい春まっしぐらです。
北海道も3月に入りまだまだボードに行くには問題ありませんが私の中では今シーズン最後の滑りとなりそうな今日この頃、スノーボードをまとも(?)に初めて2シーズンめに入り、なんとかあやしげながらに滑れるようになりました。
せっかく北海道にいるのだからやはりウィンタースポーツのひとつでも嗜むのも悪くない。
もっとうまく滑れるようになれたらいいなと思ってます。
今シーズンは雪不足の影響で年末は本州のスキー場がオープンできない等ニュースで話題になっていたり、雪まつりも雪不足雪不足と話はでたもののやはり北海道の山奥へ行けば無縁のお話に感じました。
あと一本冬の北海道ネタが残っていますが今年の冬は雪まつりに雪あそびと北海道の冬を満喫できたように思えます。
冬こそ北海道。
冬にしか出会えない景色や遊びを満喫することができた今シーズンでした。

2007年3月 7日 (水)

真冬のリゾートinキロロ その2

ホテルの部屋に入ったのは5時少し前。
今日はバレンタインデーが近いということでバレンタインspecialと題して毎週土曜日に開催される打ち上げ花火他カップル・夫婦で参加のキャンドル滑走などが開催されているそうだ。
一度部屋に戻ってからもう一度ゲレンデへ行こうと思っていたが面倒くさくなってしまった。

Cimg2788_1のんきにテレビを見ていると打ち上げ花火の音が聞こえてきた。
窓の外を見てみると花火の光が見てた。
どうやら打ち上げ花火が始まったようだ。
真冬に花火をみることなんてなかなかない。
でも、寒い冬のイルミネーションが美しいように冬の花火もなかなかなもの。
残念ながら花火の煙で途中から見えなくなってしまった。
せっかくなのだから見に行けば良かったと少し後悔した。

本日の宿泊プランには夕食が含まれていない。
私たちはたいしてお金もなかったのでいちばん失敗がなさそうでお腹いっぱいになるお好み焼きを選択した。

3連休の初日ということもあり店は混み合っていた。
とりあえず席は満席だったので携帯番号を伝え部屋で待つことに。
連絡が入ったのは1時間弱経ったくらいか、お好み焼き2枚とビールを注文しのんびりと夕食をとることができた。

夕食後は売店をぶらぶらし時間を潰した。
友人はご丁寧に職場へのお土産を購入する。
私は有給を取らない限り会社へお土産を買うことはないので店内でとうきびチョコなどを試食し夕食Cimg2802後のデザートとした。
Cimg2803

北海道のお土産というのはたくさん種類があって楽しいがこのほらふき親父というキャラクターが気になった。

本日のホテル、ホテルピアノには1Fに日帰り温泉施設森林の湯という温泉が宿泊だと600円だか別途支払うと入浴できる。
しかしどうも混み合っていそうだったので温泉ではないがホテル8Fにある大浴場で湯に浸かることにした。
大浴場はすごく広いというわけではなく一度に10人くらい体を洗える洗い場と湯船がひとつあるのみ。とはいうものの部屋の風呂を使うよりずっとよい。
ゆっくりと湯船に浸かり部屋に戻った。

その後はやはり女二人。
将来のことやいろんなことを語り合いその日はあっとCimg2812いう間に過ぎて行った。

翌朝、バイキング形式の朝食をとり後は帰るだけ。
11:30分キロロ発のバスに乗車し札幌へ戻る。
本当は帰りにいつもの雪まつり見学をし家へ帰る予定であったがかなり疲れていたので札幌駅のツインクルプラザでキャンセルになった友人分の旅行代金を精算しまっすぐ家へ帰った。

おしまい。
最後エピローグへつづく。

2007年3月 5日 (月)

真冬のリゾートinキロロ その1

2月10日 三連休初日。
天気は晴れ。まさにボード日和。

はじまりはいつもの札幌駅。
本日は札幌駅バスターミナルよりキロロへと向かう。

ターミナルに到着したのは8時ちょっと過ぎ。本日乗車するバスの時間は8:10分。
バス乗り場にはキロロ他スキー場行きのバスを待つ人々で賑わっていた。既にキロロ行きののりばには長い列ができていて始発ではないので少々乗車できるのか心配。
バスは8時に始発である札幌中央バスターミナル(大通付近)から10分ちょい過ぎくらいに到着した。私たちが並んでいた10人位前のあたりで座席は満席になったようで、従業員の方が急ぎの方で補助席でよければ乗車できるとの説明があり数人がバスに乗り込んだ。
私たちは女2人ということもあり、バスに乗って向かうというのも一つの旅の楽しみでもあるのでこのバスはパスしあと30分弱で到着する次のバスを待つことにした。

さすがに暖冬とはいえ30分も外でだまって待っていると体が冷えてくる。
私たちの後ろに並んでいた関西あたりから来られたと思われる中年の男性に声をかけられた。どこから来たかと尋ねられたので札幌だと伝えると北海道のスキー場はどこが良いかと聞かれたのであまりスキー場に行ったことがないのでとりあえず国際あたりの無難な線で答えておいた。
北海道であれば道具を持っていなくてもJRやバスのパックを使うと道具を持っていても変わらないくらいの価格で滑れるなんてなことを話しているうちに次のバスが到着した。

バスは札幌駅から札幌北ICで高速に乗り朝里ICでおり毛無峠を通ってキロロへと向かう。
峠の頂上あたりからわ小樽市街が一望できた。
私はどうも友達など複数人で出かけると写真をあまり撮らない。というより撮るタイミングをつかめなくなる。今回はボードがメインなのでいいのだがやはり旅に行くのは一人が気楽でよいと思った。

10:00過ぎ、本日の宿泊先となるホテルピアノへ到着。
部屋へ入れるのは15:00なのでとりあえずフロントでチェックインを済ませレンタル道具とゴンドラ1日券の引換証をもらいゲレンデへ。
ホテルからゲレンデまでは10分間隔くらいで無料シャトルバスが運行している。
ちょうどよいくらいにバスが停車していたのでそのバスに乗車した。

到着後すぐにレンタルボードを借りる。
私は道具を持っていないのでいつもJRの手ぶらスキップというプランを利用している。
それにしてもキロロのレンタルボードは他のスキー場に比べてよい。
道具も某有名ボードメーカのものでブーツも紐で結ぶだけのものではなくサイドにボードとブーツを固定するようなものがついていたのでいつもよりブーツと足のフィット感がよくこれならうまいこと滑れそうな予感。

Cimg2766_2さて、準備が整ったのでいざゲレンデへ。
苦手なリフトを避け一気にゴンドラへ頂上へ向かう。
頂上は快晴というわけではないが青空が広がっていて気持ちがよい。
皆それぞれ滑る準備をしたり写真を撮ってみたり各々楽しんでいた。
頂上にはニイサの鐘という鐘がありここはNPOの地域活性化支援センターで行われている恋人の聖地というプロジェクトのに認定されているそうだ。
私たちも恋人同士ではないがとりあえず鐘を鳴らしておく。(残念ながら写真を撮るのを忘れてました。)

相変わらず初心者の我々は勿論初級コースへ。Cimg2772_2
途中急な所になるとすぐにだめになってしまうものの、それなりに滑っていく
それにしても頂上の雪が積もった木々といい本当に景色が素晴らしかった。
滑るのがメインとはいえこの天気でこれだけ美しい景色を見ることができたのだから大満足である。
結局、4回ほど滑り2時を回ったので一旦昼食をとることにし、一番近い食堂でラーメンを頂いた。

食堂は季節アルバイトと思われる二十歳そこそこと思われる青年が注文兼食事作りをしていた。私はあまりお腹かが空いていなかったので「お子様ラーメンは大人も頼めますか?」というちょっとトンチンカンな私の質問をすると少々呆れながら大丈夫だとのことだったのでお子様ラーメン(しょうゆ)を注文した。2時を過ぎたということもありアルバイトは休憩もしくは本日の仕事は終了するのか私たちのラーメンと一緒に彼らのラーメンも一緒に茹でられていた。
青年達は客がいるのも気にしていないのか私たちが見ている中、自分用のラーメンにたくさんの具を乗せていく。それは一向に構わないのだが(多分)しょうゆラーメンにコーンが合うのかが妙に気になった。

ゴンドラの運行時間も迫ってきたので最後に頂上まで向かう。
途中、別の初心者用のコースに入ったところ行き止まりになってしまった。
ちょうど滑り終わった地点には余市第2リフトがあり仕方なく今シーズン初めてのリフトに乗らざる負えなくなった。
Cimg2782ゴンドラの営業時間が過ぎていたせいかリフトに付近に人は誰もいない。
難なくリフトを降り元のコースへ戻ろうとする。ふと乗ってきたリフトの方を振り返ると私たちが乗ったリフトの麓の従業員と思われる男性がリフトから降りてきた。
どうやらこのリフトも営業終了のようだ。
他の人より遠回りをしたせいかゲレンデは私たち2人の貸し切り状態。ここぞとばかりに友人を撮影。ほんとうに誰もいない。これはなんとも贅沢な状態だ。
その2へつづく。

真冬のリゾートinキロロ プロローグ

Cimg2770_2私は生まれも育ちも北海道である。
北海道生まれであればスキーくらいするのかと思われがちであるが私の地元室蘭ではそんなに盛んではなかったように思われる。
学校のスキー教室も強制ではなかったしどちらかといえば学校のちかくにあったスケートのほうがやった記憶がある。
私のなかでスキーをする人というのは少し家計が裕福なところというイメージだった。

さて、昨年(といっても年が明けているので昨々年)たいしてスポーツが好きではなさそうな友人からスノーボードに誘われた。
スキーはまったくやったことがなかった私ですがボードは会社の付き合いやらなにやらで数回やったことがある。まあ、冬はほんと何もせずにテレビばかり見ているというのが毎年のおきまりなのでまじめにスノーボードに取り組んでみようという気持ちになった。

まえおきはこのくらいにして、さて2年目の冬。
今シーズンは1度札幌国際へ行ったきり。
今回は3連休ということもあり友人3人でJR北海道20周年企画のひとつとして宿泊付きのスキープランがいくつかあった。
その中でも手ごろだったスノーボードレンタル&1日リフトゴンドラ、1泊朝食付き(価格は忘れてしまったので今度訂正します。)の割と手近なキロロに行くことに決めた。
北海道のカタカナの地名といえばニセコ・トマム・サホロ等一大リゾート地ばかり。
今回は近場ではあるといえちょっとしたリゾートだ。
しかしながら3日前に友人のひとりが風邪だかインフルエンザだかでダウン、ボードしに行くのに女二人の宿泊はむなしいと思いながら他に予定のあいている友人も見つけられず結局女二人のリゾートとなった。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

九州をさるくべさ

  • 荷物を運び出します。
    2007.9.20-25の福岡・長崎旅行の写真です。 もう一年くらい経ってしまいましたが、 写真の補足を地道に修正しております。

春のみちのく二人旅

  • 唯一のお土産。
    2007年4月30日から5月5日までの北東北旅行の写真です。

さっぽろ雪まつり

  • H19.02.05 10丁目STV会場
    2007年さっぽろ雪まつり作成模様と雪まつり風景の写真です。 記事はカテゴリのさっぽろ雪まつりにあります。

神の故郷山陰の旅

  • ぐるっと神話の旅クッキー
    11月23日より3泊4日の山陰の旅。 一人旅だけにかなり写真撮ったのでブログに載せられなかった分を公開します。 本編はカテゴリ内の神の故郷山陰の旅に収納してます。

旅~♪

  • 新潟港出航!
    旅行に行ったときの写真を紹介します。 ここには遠出したときの写真を中心に載せようと思います。

ステキブログ

  • くっぎー
    主に旅行記。いつも素敵だなって感心してしまう。
  • 平蔵日記
    クサガメの平蔵くんの毎日が覗けます。かわいさはかなりヤバイですよ。うちのかめおも負けてられません!
  • UME blog
    国内旅行記です。 私の好きな旅行の仕方なので楽しく拝見させて頂いてます。
  • やえもんのひだまりカフェ
    学校の先生をされているようで、学校のこと車のこと、お酒のこと、旅のこと等が書かれています。

最近のトラックバック

ブログランキング参加中

無料ブログはココログ