« 幻の橋をもとめてぷらり道東 糠平湖④ | トップページ | 幻の橋をもとめてぷらり道東 帯広⑥ »

2007年6月30日 (土)

幻の橋をもとめてぷらり道東 糠平湖⑤

2007_046さて、水が引いているということで湖面付近へと降りてみます。石が敷き詰められた坂を下ると石の数は少なくなってきて代わりに土の面が増えてきて伐採された木の株があらわになっています。
よくわかりませんが、人が作った湖という感じです。
湖面にそって歩いてみると上流側からな雪解け水が流れ川のようになってきています。2007_049
まだ川幅も広くなっていなく橋の下へなんとかいけそうだったので橋の下へと行ってみます。
ブーツをはいているので多少濡れても大丈夫と簡単に思っていましたが、だいぶ川の水が増えてきて土の部分はずいぶん水分が含まれていて泥状になっています。
足を泥にとられながらもなんとか中央部へ到着することができた。
まだ中央部の土は固まっていて余裕で歩くことができる。2007_058
水分が少ないせいか土はひび割れていてその姿もまたなんともいえず美しい。
橋の傍までいくとちょうど橋の真ん中あたりが崩落し骨組がむき出しになっているのがよく見える。
下には崩落したコンクリートがそのままになっている。
本当に近い将来橋の一部が途切れてしまう2007_052のは間違いないと実感しました。

結構長いことタウシュベツ橋梁を見学した気がします。
それにしても期待以上に楽しむことができました。
今度はぜひ橋の半分くらいまで湖面があがっているときに湖面に映るメガネ橋を拝みたいものです。

さて、車に戻りブーツにたっぶし付いた泥を丁寧に落としてた後、少し足を延ばして旧幌加駅へと向かいます。
糠平三叉林道を引き返し国道273号線を北上します。
少し進むと北海道開発局の除雪ステーションの看板が見えてきます。
旧幌加駅を見学するにはここの駐車場に車をとめます。
2007_075旧幌加駅といっても駅舎は残っておらずプラットホームとレールだけが今も残っています。
草だらけのレールの傍には何の動物かわからない糞と(キツネかシカと勝手に推測)クマ出没注意の看板が立っています。
謎の糞がなんとも現実味を帯びています。
獣の香りが漂います。
古びたホームとは対照的になぜか次の駅を示す看板だけが白くきれいです。

ここからは今夜の宿泊地になる帯広へと南下することにします。

その6へつづく

« 幻の橋をもとめてぷらり道東 糠平湖④ | トップページ | 幻の橋をもとめてぷらり道東 帯広⑥ »

小旅行」カテゴリの記事

コメント

本物の秘境ですね。この場所は帯広の北の方、大雪山の麓のところですよね(たしか旧士幌線でしたね)。廃線。廃液後は独特の雰囲気があります。

タウシュベツ橋梁のこの崩れた部分。
ネット検索で見つけた写真よりも、酷くなってるような気が・・・
それにしても幻想的な場所ですね。

やえもんさん。
その通りです。
北海道の観光というと大自然・食べ物というのが多い中、この手のものは興味深いです。
よく考えて見れば江戸時代以前のものは少ないとはいえ今でこそ貴重な近代産業遺産というのはいろいろ勉強して出かけてみると新たな楽しみができそうです。

heyzohさん
私も調べてみたのですが確かにひどくなっているようですね。
ひと冬越してどのくらいひどくなるのか気になると同時に心配です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99158/6983098

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の橋をもとめてぷらり道東 糠平湖⑤:

« 幻の橋をもとめてぷらり道東 糠平湖④ | トップページ | 幻の橋をもとめてぷらり道東 帯広⑥ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

九州をさるくべさ

  • 荷物を運び出します。
    2007.9.20-25の福岡・長崎旅行の写真です。 もう一年くらい経ってしまいましたが、 写真の補足を地道に修正しております。

春のみちのく二人旅

  • 唯一のお土産。
    2007年4月30日から5月5日までの北東北旅行の写真です。

さっぽろ雪まつり

  • H19.02.05 10丁目STV会場
    2007年さっぽろ雪まつり作成模様と雪まつり風景の写真です。 記事はカテゴリのさっぽろ雪まつりにあります。

神の故郷山陰の旅

  • ぐるっと神話の旅クッキー
    11月23日より3泊4日の山陰の旅。 一人旅だけにかなり写真撮ったのでブログに載せられなかった分を公開します。 本編はカテゴリ内の神の故郷山陰の旅に収納してます。

旅~♪

  • 新潟港出航!
    旅行に行ったときの写真を紹介します。 ここには遠出したときの写真を中心に載せようと思います。

ステキブログ

  • くっぎー
    主に旅行記。いつも素敵だなって感心してしまう。
  • 平蔵日記
    クサガメの平蔵くんの毎日が覗けます。かわいさはかなりヤバイですよ。うちのかめおも負けてられません!
  • UME blog
    国内旅行記です。 私の好きな旅行の仕方なので楽しく拝見させて頂いてます。
  • やえもんのひだまりカフェ
    学校の先生をされているようで、学校のこと車のこと、お酒のこと、旅のこと等が書かれています。

最近のトラックバック

ブログランキング参加中

無料ブログはココログ