« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月25日 (水)

幻の橋をもとめてぷらり道東 ばんえい競馬帯広⑨

2007_015_1そこから3~4レース程楽しむことにしたのだか素人には馬をみたところでどれがよいのか全くわからない。
ただ、今日は重賞、特別競走等の大きなレースがあまりなく、企業や個人協賛のレースがほとんどでレース名を見ているだけで微笑ましい気持ちになりました。
普通の競馬はどんなもんかわかりませんが、1口1万円からで自分の好きな名前を入れてもらえるのであれば安いんじゃないかなっと思いました。(実際は何口くらいやってるのだろうか不明。1口では申し訳ない気もするし。)
ちなみに、○○結婚記念レースや○○店開店記念レースなど地元色たっぷり2007_022です。

さて、賭けごとにも少々飽きてきたので彼をおいて私は競馬場内を見学します。
 
本馬場の反対側にはリッキー号が!!!
ちなみに彼は9歳で、この春現役を引退し春から帯広市の嘱託職員として採用されたばかりとのこと。
日々ばんえい競馬のPR活動で大忙しの彼です。
少し前にはやったハルウララ並に勝てないお馬さんみたいで、北のハルウララみたいな感じです。
美しい毛とやさしい瞳。前髪を三つ編みにしてチャーミングです。

2007_025さて、リッキーに引っ張ってもらって少しのバスツアーです。
場内を半周してUターンします。
流石は3月まで現役だっただけあって難なくかごを引きます。
とはいっても乗ってる人だけで500kg弱はあると思うのでなかなかの重労働です。
やはりどの世界も仕事は大変なようです。

リッキー号から降り、時間も差し迫ってきたのでそろそろ札幌に向けて少しずず西に向かうことにします。

その10へつづく。

2007年7月 7日 (土)

幻の橋をもとめてぷらり道東 ばんえい競馬帯広⑧

2007_001帯広競馬場へ到着したのは11時半くらい。
入口で入場料100円を支払い中へと入ります。
ちなみに、入場料を支払うと、次回入場招待券をもらうことができます。
さて、まずはパドックへ。
12時出走の馬たちが周回しています。
それにしても大きい!
恐山でみた寒立馬もがっしりした体格で大きいとびっくりしましたが、さすが現役の競走馬。
迫力が違います。
ばんえい競馬じゃなくふつうのJRAの競馬をテレビでしかみたことがない競馬に興味のない私、とりあえず馬をみたところでさっぱり何がよいのかわかりません。
とはいえ競馬場、とりあえず馬券を購入してみます。 2007_004_1 2007_003

馬券を買ったことのない私にとっては初めての馬券。
彼に選んでもらってシートにえんぴつで塗りつぶし馬券売り場へ行きます。
枠番連複で3-5、4-5。
遊び気分での購入なので100円づつ購入です。

2007_010_1あとは、出走を待つばかり。
ばんえい競馬はご存知のとおり騎手が鉄ソリに乗ってばん馬を走らせるわけですが、平地競馬と違い重量の重い鉄ソリを曳くわけですからスピードが出ません。
観戦者はスタート地点にスタンバイし、一緒にゴールまで走りながら応援することができます。

さ!ばん馬10頭がスタートです。
私も一緒に走りながら応援。2007_012_1
一斉にスタートしたばん馬は障害前で立ち止まり騎手が激しくムチを打ちます。
その勢いでばん馬は一生懸命鉄ソリを曳き乗り越えていきます。
確かに、ふつうの競馬と違いばん馬の気分やどの時点で勢いが出るかでどの馬が勝つかわからないなーと素人の私は思いました。

2007_014_1で、勝ったのは1-4。
3着が5番だったので結構惜しい!?
ちゃんと理解はしてないけれど、とりあえず楽しもう!
ささ!次レースへGOです。
その9へつづく

2007年7月 2日 (月)

幻の橋をもとめてぷらり道東 柳月スイートピア・ガーデン⑦

2007_071翌朝、昨日とはうってかわって快晴。
まずは帯広といえばご存知六花亭・柳月。
ふたつも見る時間も腹具合もないので今回は柳月スイートピア・ガーデンへと向かいます。
ここでは柳月の代表的お菓子三方六などのお菓子の工場が併設されていて通路越しですが見学することができます。
あいにく今日は三方六の機械はお休みでどら焼きの機械のみ運転されていました。2007_077
六花亭・柳月とも帯広のお店は無料でコーヒー・お茶を飲むことができます。
本当はケーキを食べていきたかったのですが朝ごはんを食べすぎお腹いっぱいだったので、きなこチョコ黒大豆を一袋購入し店を後にします。
お店でコーヒーと豆茶を調達し、帯広競馬場へと向かいます。
2007_079_1帯広北バイパスを南下します。
これぞ十勝晴れというくらい気持のよい天気です。
交通量も少なく快適走行。
はじめてのばんえい競馬観戦へ。

その8へつづく

2007年7月 1日 (日)

幻の橋をもとめてぷらり道東 帯広⑥

糠平から国道273・241号線を通り帯広市街へと向かいます。
朝ごはんもそこそこ。お昼もろくに食べないまま既に夕方になっております。
さて、帯広といえば豚丼。
という訳で「ぶた丼とんた」で早い夕食をとることにします。
ここの豚丼は肉がロース・ヒレ・バラの三種類から選ぶことができます。
おすすめはバラということなのでそれを注文。味噌汁と漬物がついて680円でございます。
美味しく頂き本日のホテル、東横イン帯広駅前へチェックインしひとまず休憩です。
少し休息をとり、温泉へと向かいます。
外は雨模様。
車で駅から南西方面にある自由が丘温泉へと向かいます。
ここには帯広の友人に一度連れて行ってもらったことがあるところです。
温泉に到着するとなんだか様子がおかしいです。
駐車場には車がほとんどなく。なんだか休みのよう。
入口には設備故障のため休業との張り紙が。
仕方なく、ぷらぷらと車を走らせ国道38号線沿いの帯広温泉ホテルで入浴することにしました。
こちらも宿泊施設もあるものの自由が丘温泉同様370円とお手頃な公衆浴場というかんじの浴場です。
浴槽2つの他小さいながらもサウナ完備です。

ゆっくり入浴し体を温めホテルに戻り就寝です。

その7へつづく。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

九州をさるくべさ

  • 荷物を運び出します。
    2007.9.20-25の福岡・長崎旅行の写真です。 もう一年くらい経ってしまいましたが、 写真の補足を地道に修正しております。

春のみちのく二人旅

  • 唯一のお土産。
    2007年4月30日から5月5日までの北東北旅行の写真です。

さっぽろ雪まつり

  • H19.02.05 10丁目STV会場
    2007年さっぽろ雪まつり作成模様と雪まつり風景の写真です。 記事はカテゴリのさっぽろ雪まつりにあります。

神の故郷山陰の旅

  • ぐるっと神話の旅クッキー
    11月23日より3泊4日の山陰の旅。 一人旅だけにかなり写真撮ったのでブログに載せられなかった分を公開します。 本編はカテゴリ内の神の故郷山陰の旅に収納してます。

旅~♪

  • 新潟港出航!
    旅行に行ったときの写真を紹介します。 ここには遠出したときの写真を中心に載せようと思います。

ステキブログ

  • くっぎー
    主に旅行記。いつも素敵だなって感心してしまう。
  • 平蔵日記
    クサガメの平蔵くんの毎日が覗けます。かわいさはかなりヤバイですよ。うちのかめおも負けてられません!
  • UME blog
    国内旅行記です。 私の好きな旅行の仕方なので楽しく拝見させて頂いてます。
  • やえもんのひだまりカフェ
    学校の先生をされているようで、学校のこと車のこと、お酒のこと、旅のこと等が書かれています。

最近のトラックバック

ブログランキング参加中

無料ブログはココログ