« 九州をさるくべさ 原爆資料館⑩ | トップページ | 九州をさるくべさ 九州歴史文化資料館・中華街⑫ »

2007年10月27日 (土)

九州をさるくべさ 浦上界隈⑪

2007_063 平和公園からは、さるくマップ浦上界隈1に沿って如己堂へ。
長崎医大教授の永井隆博士が晩年暮らした畳2畳ほどの住居です。
ここに彼と子供2人で生活してたというのだから驚きです。
お隣には、記念館が併設されてます。

サンスト通りを下っていくと、右手にはカトリックの学校や中国の領事館が見えてきます。
道路端には、警備員さんがいてちょっとドキドキです。2007_064
通りを下っていくと浦上天主堂が見えてきました。

道路を渡り、天主堂へ上がらず左端の小道を少し歩くと原爆の爆風で落ちた黒こげの鐘楼ドームが現れます。
落ちたといっても重さは50t!
落ちただけでもかなりの衝撃だったことでしょう。
綺麗な天主堂とは対照的で、今はこんなところにあるのが不自然なくらいです。

2007_007_2 さて、元の道に戻り天主堂へ向かいます。
江戸時代のキリスト弾圧の厳しい時代を越え、ようやく建てられた聖堂だそうです。
こちらも被爆地が近いため、原爆により全壊。
戦後再建されたものです。

鐘楼ドームと天主堂。
戦前と戦後を垣間見ることができる。
長崎には身近なところに戦争を忘れさせない爪痕がたくさん残っているところだと思った。

その12へつづく

« 九州をさるくべさ 原爆資料館⑩ | トップページ | 九州をさるくべさ 九州歴史文化資料館・中華街⑫ »

九州をさるくべさ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99158/8628989

この記事へのトラックバック一覧です: 九州をさるくべさ 浦上界隈⑪:

« 九州をさるくべさ 原爆資料館⑩ | トップページ | 九州をさるくべさ 九州歴史文化資料館・中華街⑫ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

九州をさるくべさ

  • 荷物を運び出します。
    2007.9.20-25の福岡・長崎旅行の写真です。 もう一年くらい経ってしまいましたが、 写真の補足を地道に修正しております。

春のみちのく二人旅

  • 唯一のお土産。
    2007年4月30日から5月5日までの北東北旅行の写真です。

さっぽろ雪まつり

  • H19.02.05 10丁目STV会場
    2007年さっぽろ雪まつり作成模様と雪まつり風景の写真です。 記事はカテゴリのさっぽろ雪まつりにあります。

神の故郷山陰の旅

  • ぐるっと神話の旅クッキー
    11月23日より3泊4日の山陰の旅。 一人旅だけにかなり写真撮ったのでブログに載せられなかった分を公開します。 本編はカテゴリ内の神の故郷山陰の旅に収納してます。

旅~♪

  • 新潟港出航!
    旅行に行ったときの写真を紹介します。 ここには遠出したときの写真を中心に載せようと思います。

ステキブログ

  • くっぎー
    主に旅行記。いつも素敵だなって感心してしまう。
  • 平蔵日記
    クサガメの平蔵くんの毎日が覗けます。かわいさはかなりヤバイですよ。うちのかめおも負けてられません!
  • UME blog
    国内旅行記です。 私の好きな旅行の仕方なので楽しく拝見させて頂いてます。
  • やえもんのひだまりカフェ
    学校の先生をされているようで、学校のこと車のこと、お酒のこと、旅のこと等が書かれています。

最近のトラックバック

ブログランキング参加中

無料ブログはココログ