« 異国神戸港町紀行 中華街③ | トップページ | 異国神戸港町紀行 摩耶山⑤ »

2008年2月28日 (木)

異国神戸港町紀行 有馬温泉④

2008_040_2旅行2日目。
本日はするっとkansai神戸2,000円を購入し姫路方面へ向かいます。
天気は良好、車窓から見える景色に見入ってしましました。
途中でこのカードのフリー区間が明石ということに気づきまた折り返します。
新開地で降り、今度は有馬温泉へ行先変更です。
車内はさっきとはうってかわり、普通の地元の2008_050方々の他これから温泉へ向かうようなお客さんが乗車しております。
谷上で乗り換え有馬温泉行きへ乗車。
ここからは温泉に行くお客さんばかりで車内はにぎやか。
車窓も山へ向かうにつれ寒々としてきます。
そんなこんなであっという間に有馬温泉駅へ到着です。
2008_002_2駅を出ると宿の送迎バスやらなんやらで込み合っておりました。
温泉街という感じです。
ちょど小雨が降っていました。
近くの観光案内所で観光客用の貸出傘を拝借し散策します。
有馬温泉の歴史は深く、神話から始まり飛鳥時2008_007_2代には天皇が立ち寄り入浴を楽しんでいたことが書物にも記されているそうです。
かつての日本の中心関西という感じです。
温泉街には、飲泉できる場所やお土産屋が立ち並んでおります。
タンサン坂を登っていくと右手に鳥居が見えてきました。
脇道にはいると妬泉源が見えてきます。
美しく化粧をした女性が傍に立つとお湯が嫉妬して噴き出したとの言い伝えからその名が由来したそうです。
有馬温泉には金の湯、銀の湯という別々の泉質をもつ2つの公衆浴場があるのだが、1時間待ちとの看板が出ていたので結局飲泉のみし温泉街を後にした。

その5へつづく。

にほんブログ村 旅行ブログへ

« 異国神戸港町紀行 中華街③ | トップページ | 異国神戸港町紀行 摩耶山⑤ »

異国神戸港町紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99158/10781896

この記事へのトラックバック一覧です: 異国神戸港町紀行 有馬温泉④:

« 異国神戸港町紀行 中華街③ | トップページ | 異国神戸港町紀行 摩耶山⑤ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

九州をさるくべさ

  • 荷物を運び出します。
    2007.9.20-25の福岡・長崎旅行の写真です。 もう一年くらい経ってしまいましたが、 写真の補足を地道に修正しております。

春のみちのく二人旅

  • 唯一のお土産。
    2007年4月30日から5月5日までの北東北旅行の写真です。

さっぽろ雪まつり

  • H19.02.05 10丁目STV会場
    2007年さっぽろ雪まつり作成模様と雪まつり風景の写真です。 記事はカテゴリのさっぽろ雪まつりにあります。

神の故郷山陰の旅

  • ぐるっと神話の旅クッキー
    11月23日より3泊4日の山陰の旅。 一人旅だけにかなり写真撮ったのでブログに載せられなかった分を公開します。 本編はカテゴリ内の神の故郷山陰の旅に収納してます。

旅~♪

  • 新潟港出航!
    旅行に行ったときの写真を紹介します。 ここには遠出したときの写真を中心に載せようと思います。

ステキブログ

  • くっぎー
    主に旅行記。いつも素敵だなって感心してしまう。
  • 平蔵日記
    クサガメの平蔵くんの毎日が覗けます。かわいさはかなりヤバイですよ。うちのかめおも負けてられません!
  • UME blog
    国内旅行記です。 私の好きな旅行の仕方なので楽しく拝見させて頂いてます。
  • やえもんのひだまりカフェ
    学校の先生をされているようで、学校のこと車のこと、お酒のこと、旅のこと等が書かれています。

最近のトラックバック

ブログランキング参加中

無料ブログはココログ